ただ怖かった話一覧

差異あり

 何度、数を数えても合わない。そんな経験もあるかと思う。  もう二十代も半ばだったか、急な同窓会の話が舞い込み顔を出した。  二次会、三...

記事を読む

ミドリマン

 子供のころというのは、不可思議な体験を多くする。  記憶は曲がっているのかもしれない。なにしろ古いうえに、そもそもが頼りない時期だ。でも...

記事を読む

原発怪談 其ノ四

 原発の夜は静まり返っている。  ほとんどの出入り業者は夕方には引き上げていくから人気がない。  夜霧がかった原子炉はどこか不気味で、無...

記事を読む

原発怪談

 いわゆる原発で出稼ぎをしていたときの話だ。  守秘義務がどうの以前に書けないことは山ほどあるが、どこぞの電波でもあるまいし僕は通信妨害を...

記事を読む

チューニング

 小学生のころ、放課後に男女数人で誰もいない教室に残ってお喋りするのが楽しかった時期があった。  僕のロクでもない人生で、ほんのひと時、手...

記事を読む

変化か復帰か変某か

 結構な人数で某夢の国へおとずれたとき、あるジェットコースター系アトラクションの順番待ちをしていた。  僕は、それほど絶叫マシンが得意な方...

記事を読む

烏匠

 烏が、鳴いたら……帰れない。大体、お仕事。  実家住まいだったある日、帰宅すると玄関に見なれない虫カゴがあった。  黒タピオカが、たぷ...

記事を読む

おはようおじいさん

 人と待ち合わせをしていた。  タクシーの待合所とバスの停留所、公園がいっしょくたになったような駅前の広場だ。  まばらに設置されたベン...

記事を読む

NO IMAGE

スーパージャンプ

 小学生男子のバイタリティというかなんというか……とにかく、それは凄いものがある。  本気でカメハメ波を出そうとしていたし、自転車一つでど...

記事を読む

NO IMAGE

誰がために塩は煤ける

 商売をやっているわけではないが、実家のお隣さんはたまに玄関へ盛り塩をしていた。  実家住まいのときは、人の葬式から帰ってくると留守番の人...

記事を読む

NO IMAGE

水子は親子で見失う

 20歳までに幽霊を見なければ、一生見ることはない。  その話が正しいとすれば、僕はもう一生見ることはない、ハズなのだけれど……。 ...

記事を読む

NO IMAGE

おもかる石

Unknown...

記事を読む

NO IMAGE

あちら様どちら様

 牛丼屋で一人モソモソ飯を食っていた。  食べながらどことなく異変を感じる。昼時はすぎて、それでも客はチラホラといた。  心なし周り...

記事を読む

NO IMAGE

おかしな家

「某さんとこお坊さんきます?」  以前の勤め先へ久方ぶりに顔を出したとき、ちょうど勤務を終えたコウタに聞かれた。 「僕の近所、昔からお坊...

記事を読む

NO IMAGE

コール

 漫画喫茶で暇を潰していた。  トイレに立ち、用を足していると電話のコール音が店内に鳴り響いている。  平日の真夜中で、客はほとんど...

記事を読む

NO IMAGE

信じない人

Unknown...

記事を読む

NO IMAGE

釣った釣られた

 すべきコトは、さて置き。したいコトは、置かざらず。  あまりにヒマだったもので、近所の川で釣りにいそしんでいた。平日の真昼間から。 ...

記事を読む

NO IMAGE

カウントダウン

 僕の地元には、一方通行のトンネルが多い。  一応、車道に線引きはあるが、自転車は片側に区画された歩行者用通路を利用する場合がほとんどだ。...

記事を読む