ただ怖かった話一覧

シュウマイお化け

「シュウマイのお化けが出るからヤダ」  同級生数人と初詣に出かけた道すがら。昔から出る、出ると噂のあったマンションの話になって、シロノが言った。  件のマンションの前を通って行こうと言う話にな...

記事を読む

メッセージ・イン・ア・カプセル

 お昼に食べるラーメンだけを楽しみに、エロショップへ出勤したある日。  店の前に見慣れないライトバンが止まっていて、店長が荷卸ししていた。 「おう、これ運んでくれ!」  挨拶も抜きにご挨拶だ。タ...

記事を読む

悪魔の証明

「チーズフォンデュは悪魔の食べ物だ」  トンデモな主張をして来たのは、知り合いのムラカミだった。  ワキガの味がしてカレーパンは食べれないという人間に出会ったことはあるが、悪魔の食べ物とはこれいか...

記事を読む

見たくない?見られたくない?

 タバコを切らして、寝起きに近所の自販機まで買いに出かけたときだ。夜も遅かった。  いざ自販機の前まできて、タスポを忘れたことに気づく。それも、すでに大量の十円玉を投入したあとのことだった。  当...

記事を読む

狐の子

 僕は昔から怖がりのクセに、怖いものを見たがった。 「あなたの知らない世界って怖いけど見てしまってたよね~」なんて他愛もない話をイタクラさんとしていた。仕事そっちのけで。その流れで僕の祖母がその昔、...

記事を読む

少年となにか

 気、開運、法則、波動、チャネリング、パワースポット……。  僕は、スピリチュアルな方面に関してあまり明るくない。  ただ思うところ、宇宙からのメッセージをダイレクトに受信しているような人に限って...

記事を読む

アンリーダブル

 駅の改札で人と待ち合わせをしていた。  時間は夕方の5時か6時ぐらいだったと思うので、まとまった人が小さな波を作っては改札を通り抜けていく。  迎えの車を待っているのか、改札を出てすぐに僕と...

記事を読む

学校の怪談

 今時の学生さんの間で「学校の七不思議」はあるのだろうか。  ゆとり0.5世代の僕らの時代にはあった。  未だに「君の存在は、この会社の七不思議の一つだよ」なんてお褒めにあずかったりもする。 「...

記事を読む

賢明な判断

 異主で書いた店長で、もう一つ話がある。  もう五年は彼女がいないと、ある日店長が嘆いていた。  そこまで年収があるわけではなかったが、ブチャイクなわけではない。  各地を転々とする職だから、出...

記事を読む

おやつの時間

 ある日、用事で最寄駅から終点まで行かねばならず、電車に乗っていた。  時間もあったので鈍行(各駅停車)に揺られ、のんびりと普段あまり見ない各々の駅を眺める。  通勤ラッシュも引けた時間帯で急ぎの...

記事を読む

差異あり

 何度、数を数えても合わない。そんな経験もあるかと思う。  もう二十代も半ばだったか、急な同窓会の話が舞い込み顔を出した。  二次会、三次会ともなれば賢い女の子や、もう家庭のある身は自然と捌けてい...

記事を読む

ミドリマン

 子供のころというのは、不可思議な体験を多くする。  記憶は曲がっているのかもしれない。なにしろ古いうえに、そもそもが頼りない時期だ。でも、不思議と鮮明に覚えていたりもする。  幼稚園の年中か...

記事を読む

原発怪談 其ノ四

 原発の夜は静まり返っている。  ほとんどの出入り業者は夕方には引き上げていくから人気がない。  夜霧がかった原子炉はどこか不気味で、無味な、彼自身にはなんら意思のない、見るものが勝手に様々を抱く...

記事を読む

原発怪談

 いわゆる原発で出稼ぎをしていたときの話だ。  守秘義務がどうの以前に書けないことは山ほどあるが、どこぞの電波でもあるまいし僕は通信妨害を受けているわけではない。ギフハブに監視もされていない。  ...

記事を読む

チューニング

 小学生のころ、放課後に男女数人で誰もいない教室に残ってお喋りするのが楽しかった時期があった。  僕のロクでもない人生で、ほんのひと時、手放しで幸せだったと言える時期かもしれない。  昨日見たテレ...

記事を読む

変化か復帰か変某か

 結構な人数で某夢の国へおとずれたとき、あるジェットコースター系アトラクションの順番待ちをしていた。  僕は、それほど絶叫マシンが得意な方ではない。ゴメン。大嫌いデス。  それでも、どうしても乗れ...

記事を読む

烏匠

 烏が、鳴いたら……帰れない。大体、お仕事。  実家住まいだったある日、帰宅すると玄関に見なれない虫カゴがあった。  黒タピオカが、たぷたぷ水面に浸かっている。  なんだコレ……これ……なに? ...

記事を読む

おはようおじいさん

 人と待ち合わせをしていた。  タクシーの待合所とバスの停留所、公園がいっしょくたになったような駅前の広場だ。  まばらに設置されたベンチの一つに腰かけ、ぼんやりとして待ち人こずこのままで、を望ん...

記事を読む

NO IMAGE

スーパージャンプ

 小学生男子のバイタリティというかなんというか……とにかく、それは凄いものがある。  本気でカメハメ波を出そうとしていたし、自転車一つでどこまでも行こうとした。 「火」に異様な魅力を感じて百円ライ...

記事を読む

NO IMAGE

誰がために塩は煤ける

 商売をやっているわけではないが、実家のお隣さんはたまに玄関へ盛り塩をしていた。  実家住まいのときは、人の葬式から帰ってくると留守番の人間に玄関で塩をまかせてから家の中へ上がっていた。  凶事を...

記事を読む

NO IMAGE

水子は親子で見失う

 20歳までに幽霊を見なければ、一生見ることはない。  その話が正しいとすれば、僕はもう一生見ることはない、ハズなのだけれど……。 「遅刻しそう! ヘルプ!」  かかってきた電話の相手は、ア...

記事を読む

NO IMAGE

おもかる石

Unknown...

記事を読む

NO IMAGE

あちら様どちら様

 牛丼屋で一人モソモソ飯を食っていた。  食べながらどことなく異変を感じる。昼時はすぎて、それでも客はチラホラといた。  心なし周りの客が、ある方向を気にしているように思えた。  気になって...

記事を読む

NO IMAGE

おかしな家

「某さんとこお坊さんきます?」  以前の勤め先へ久方ぶりに顔を出したとき、ちょうど勤務を終えたコウタに聞かれた。 「僕の近所、昔からお坊さんが周ってくるんですよ。うちの近くだけかなあと思って」 ...

記事を読む

NO IMAGE

コール

 漫画喫茶で暇を潰していた。  トイレに立ち、用を足していると電話のコール音が店内に鳴り響いている。  平日の真夜中で、客はほとんどいなかった。  プルプル、プルプルいつまでも鳴り続けるコー...

記事を読む

NO IMAGE

信じない人

Unknown...

記事を読む

NO IMAGE

釣った釣られた

 すべきコトは、さて置き。したいコトは、置かざらず。  あまりにヒマだったもので、近所の川で釣りにいそしんでいた。平日の真昼間から。  家に眠っていた背もたれもないアウトドア用の小さなイスに腰...

記事を読む

NO IMAGE

カウントダウン

 僕の地元には、一方通行のトンネルが多い。  一応、車道に線引きはあるが、自転車は片側に区画された歩行者用通路を利用する場合がほとんどだ。  どうしても、横並びで併走したい学生はべつだが。 ...

記事を読む