どうでもいい話一覧

ふぁむ・ふぁたーる

 元同僚のハルカは、自分の母親と仲が悪い。  べつに継母というわけではない。実の母だ。  存在自体に生理的嫌悪感を覚えるほどで、一般...

記事を読む

NO IMAGE

袋はイロイロ大事で謎

 僕には父方の祖父の記憶がない。  生まれたときには、すでにこの世を去ったあとだった。父でさえ、あまり記憶がない時分に他界しているのだから...

記事を読む

NO IMAGE

ダウジング

 実家近くに、かつて古いお屋敷があった。  固く閉ざされた観音開きの大きな扉、敷地内を隠し持つような高い壁、銛状に先の尖った囲いとそれらに...

記事を読む

NO IMAGE

二号さんとおデート

 金もない。男同士でナニするわけにもいかない。  知人のオオタニと連れ立って真夜中に徘徊……お散歩していた。  自然と二人の足は、ニシノ...

記事を読む

NO IMAGE

欲張りな結果

 夜寝る前、部屋にコップ一杯の水を置いておく。  朝起きたときにコップの水が減っていれば、その部屋にはいい霊がいる。  逆にコップの...

記事を読む

NO IMAGE

なすりつけ

 慣れない、似合わない、それしか持っていない……。  スーツ姿で帰ってきたある日のこと。一人フリーマーケットに興じていた。  まあ、中々...

記事を読む