ちょっといい話一覧

対峙で退治

 学生を終えるか終えないかのころだ。  母の実家に家族揃って帰省した際、仏間で一人寝ていて見事にうなされた。  よく覚えていないが、なに...

記事を読む

魔法のセクハラ

 フリーター時代、あるところで時期を同じくしたアキヤマさんは、いつもぼんやりしていた。  もう疎遠になって久しいが、ほかの従業員に話しかけ...

記事を読む

晴男

 僕は第一印象が悪い。なにもしていないのに悪い。なにやっても悪い。  だから面接の類はまず落ちる。受かったのなんて、新卒のときと人の紹介ぐ...

記事を読む

アイニキタヨ

 とある飲食チェーン店で、小遣い稼ぎをしていたときのことだ。  僕は、深夜に出勤し三時間ほど閉店後の後片付けや一部の開店準備を行うだけの存...

記事を読む

頼りなくて足る

 世間様が、正月気分に浮き足立つある年の暮れ。  もはやタコ部屋に近いところで、出稼ぎしていた。 「十の成功で得た信頼も一の失敗で失うか...

記事を読む

家宝はここ掘れ

 お天道様が、これでもかと照りつけるある真夏。  灰になりそうな身体を引きずり、わざわざ向かった先にロクなことが待ち受けていないのは分...

記事を読む

NO IMAGE

秘匿の心得

 以前、「おもかる石」と題して大してよく分からないお話を書いた。  多少はまともなおもかる石の話を思い出したので、性懲りもなく…… ...

記事を読む

NO IMAGE

愚犬転生

 まだ実家住まいだったある日、兄が犬を連れて帰ってきた。  生きてんだか、死んでんだかーーもうヨボヨボで、汚いを通り越して油の回った安物の...

記事を読む