ニの轍降らず

「頭上禁止」
 ある日、当時住んでいた自宅マンションの廊下でおかしな貼紙を見た。
 共用部の廊下の壁に貼られたそれは、手前で右に曲がってすぐの部屋に住む僕には、わざわざ確認しなければいけないものだった。
 それでも見てしまったのは、そのマンションの管理会社が少々口うるさかったからで……。

「頭上禁止」――頭上注意、ならわかるが頭の上のなにを禁止するというのか。
 添え書きもなにもない。パウチされたA4サイズの貼紙に天井でも剥がれてんのか、と――。
「ポイ捨て注意」
 見上げた先、天井には意味不明なもう一つの貼紙があった。
 あぁ、そうかと思った。
(単語がテレコになっているんだ……)
 貼紙を作った人間が慌てていたのか、おっちょこちょいな人なのか――。
 本来は「頭上注意」と「ポイ捨て禁止」なのだろう。「ポイ捨て注意」はまだわからないことはないが、「頭上禁止」とはこの状況で意味が通じない。
 ふ、と疑問が過った。春雨が耳から耳を抜けたような感覚だった。
「ポイ捨て注意」を天井に貼りつけるときに違和感を感じなかったのだろうか……?
 ゴチャ……ッ!
 音のして振り返ると、近くの部屋から住人らしき男性が姿を現した。
 右目に眼帯……禿頭の頂点からやや右後ろにズレて、そこにも大きなガーゼを乗せている。
 初老だが足腰のしっかりした、どこか強面のオッサンだった。
 少し迷って――視線を外し気味に会釈する。
「ポイ捨て注意」もう一度天井のそれを見ようとして、引っ張られるように後ろを向いたのはなんだったのか知れない。
 丸まった背中を見せてこちらへ顔をくれていたオッサンは、なにやら言いたげに舌打ちした。
 そのまま上着のポケットに手を突っ込むと、やや大袈裟な音を立てて階段を降りて行く。
 ふとワイングラスを大きくしたような共用の灰皿が気になった。
「見るなや……」
 背後で低い声がした。
 今度に耳から抜けたのは、臭みの残るしらたきのような感覚だった。

The following two tabs change content below.
某

ヤレバデキルコモドキ科。口は災いの元が学べない。