NO IMAGE

ムカデ

 古木さんは帰宅途中、煙草の自販機に硬貨を入れた。  かしゃ、と軽い音がして釣銭の返却口に落ちた。  よく見ると釣銭用のレバーがガムテー...

記事を読む

NO IMAGE

NAOKI☆

 ある年の十二月、武藤さんがアパートのポストを開けると見たことのない差出人の手紙が入っていた。  可愛らしい封筒に差出人『NAOKI☆』と...

記事を読む

NO IMAGE

カラオケ嫌い

 佐野さんは大のカラオケ嫌いだ。  飲み会の流れで「カラオケ」という単語が出るだけでコッソリ姿を消すという。 「高校の時までは行ったんで...

記事を読む

NO IMAGE

標本

 金子さんはその日終電間際の満員電車に揺られる最中、背中に針で刺されたような痛みが走ったという。  降車駅である西荻窪で降りると大学生らし...

記事を読む

NO IMAGE

自室でインターネット

 西山さんが自室でインターネットをしている時だった。  ガチャ、ガチャ……、ガチャガチャがちゃがちゃがちゃがちゃ。  どこかの部屋のドア...

記事を読む

NO IMAGE

ひとをばかにしてはいけません

 山郷さんはレンタルビデオ店で働くフリーター。  その晩も日付が変わるまで働いた後だった。仕事中に取り置きしておいた新作ビデオが楽しみだっ...

記事を読む

NO IMAGE

知っておいた方がいい知識

 三島さんの同僚はラブホテルに行く度に、シャンプーに小便を混ぜるという。 「掃除のおばちゃんだって、シャンプーの中身までは見ないっしょ」 ...

記事を読む

NO IMAGE

直角お爺さん

 宇賀神さんは夜遅くまで働くグラフィックデザイナーだ。  地元の駅に降りるのが十二時を回ることも珍しくない。 アパート近くの陸橋に宇賀神...

記事を読む

NO IMAGE

ハッピーニューイヤー!

 元旦。  北野さんのもとに届いた年賀状の中に高校の同級生からの一枚があった。  名前は覚えているが、顔も思い出せない地味な男子だったと...

記事を読む

NO IMAGE

悪戯好き

 南野雄大(仮名)は昭和六十年生まれ。性格は自他ともに認めるお調子者。野球は特に見ないが、自分に似ているという理由から千葉ロッテの里崎は応援...

記事を読む

NO IMAGE

夜のジョギング

 鎌池は家電量販店の店員。仕事が終わった後のジョギングが趣味だという。  三十路から始まる腹部のたるみは見られない。  販売員らしくハキ...

記事を読む

NO IMAGE

メリィークリスマス!

 荒川さんは幼少期、他の子と同じ様にサンタクロースを信じていた。  ただそれも小学校にあがると、いささか懐疑的になっていった。 「両親が...

記事を読む

NO IMAGE

異物混入

 池山さんは一人暮らし歴二十年の営業マン。今年で四十三になるが、まだ結婚は考えてない。 「なんか面倒くさくて、ははっ」  だから毎度食事...

記事を読む

NO IMAGE

怖い女

 正確には人から聞いた話ではない。  見かけた話と聞いた話だ。  ある日電車に乗った。そこそこに混雑した車内だった。  ありがちではあ...

記事を読む

NO IMAGE

昔の恋人

 藤田は社会人になってから八年目の三十歳。仕事は中古車両販売。未婚で両親に限らず親戚一同から結婚を急かされるのがここのところの悩み。  ワ...

記事を読む

NO IMAGE

鰻弁当

 二年前。夏。  釜田とはポスティングのバイトで一緒になった。  素寒貧だった私と釜田は、東新宿の事務所近くの、異常な安さを誇るスーパー...

記事を読む

NO IMAGE

隣人の騒音

 夏だった。芝田は窓を全開にして高校野球を見ていたという。  応援のトランペットに混じった歌声は徐々に大きくなっていった。  芝田は角部...

記事を読む

NO IMAGE

今までも一度も考えたことないんだけど

西山明子は去年飛び降り自殺を図ったという。 「もう面倒くさくて……」 当時西山は結婚をしていたが、それ以外に恋愛中の男が一人、セフレが一...

記事を読む

ステンレスハンガー

怖い話を読むなら『人から聞いた怖い話-実話恐怖話コレクション-』。一人暮らしで起きた怖い話。

記事を読む

NO IMAGE

人から聞いた呪いの話

※公開停止中※

記事を読む

NO IMAGE

偶然

「その子は国分寺から乗ってきました」  村田は営業先の立川から新宿に戻るため、中央線に乗っていた。 「最近よく見かけますよね、旅行に持っ...

記事を読む

NO IMAGE

ノコリアト……

 一人暮らしの宮越さんは看護婦になってから三年目。板橋在住だった。過去形である。  不定期な勤務時間だったがやりがいはあったという...

記事を読む