理不尽一覧

NO IMAGE

ソーシャル・ネットワーキング・サービス

 後藤さんは一時、Twitterにはまっていたという。  仕事上の知り合いや友達の友達に留まらず、趣味の食べ歩きや古着を軸にフォロワーはどんどん増えていったという。  見ず知らずの人の愚痴に同情し...

記事を読む

NO IMAGE

ついていない

 井出さんが以前働いていた職場では異様に「ついていない」男がいたという。  佐藤さんという中途入社の営業マンは、ことあるごとに憂き目に遭遇していた。  電車の事故や小さい怪我は日常茶飯事。  乗...

記事を読む

NO IMAGE

世間知らず

 富塚さんは四十三歳の通販会社勤務。  以前から重い肩こりに悩まされている富塚さんはマッサージに行くことを思い立ったそうだ。  繁忙期を終え、仕事の鬱憤が溜まっていた彼はどこかに吐き出したかったと...

記事を読む

NO IMAGE

寝坊

 綾瀬さんが新人OLだった頃だ。  前日の長電話がたたったのか、目覚ましに気づけず寝坊した。  時計を確認すると顔面から血が引いていく。  どう急いでも十分は遅刻する。  普段一時間かかる支度...

記事を読む

NO IMAGE

不運

 年度末。朝から働きづめだった角野さんはくたくたに疲れてアパートのドアを開けた。 (お風呂に入ってお風呂に入って、お風呂に入ろう……)  疲労からくる痺れた頭で同じことを何度も考えた。  湯船に...

記事を読む

NO IMAGE

ひとをばかにしてはいけません

 山郷さんはレンタルビデオ店で働くフリーター。  その晩も日付が変わるまで働いた後だった。仕事中に取り置きしておいた新作ビデオが楽しみだった。  コンビニで軽い夕食を買い、家までの八分ほどの夜道を...

記事を読む

NO IMAGE

知っておいた方がいい知識

 三島さんの同僚はラブホテルに行く度に、シャンプーに小便を混ぜるという。 「掃除のおばちゃんだって、シャンプーの中身までは見ないっしょ」  同僚は淋病にかかった時もその最悪の趣味を続けていたという...

記事を読む

NO IMAGE

ハッピーニューイヤー!

 元旦。  北野さんのもとに届いた年賀状の中に高校の同級生からの一枚があった。  名前は覚えているが、顔も思い出せない地味な男子だったという。  何より卒業したのはもうずいぶん昔、十年以上も前だ...

記事を読む

NO IMAGE

メリィークリスマス!

 荒川さんは幼少期、他の子と同じ様にサンタクロースを信じていた。  ただそれも小学校にあがると、いささか懐疑的になっていった。 「両親がね、厳しかったから」  両親とも県の役所に勤めるガチガチの...

記事を読む