矢住さんの話。

 深夜目が覚めると、枕がベッドから落ちそうだった。
 寝ぼけながら元の位置に戻そうと手でまさぐる。
 ひやっと冷たい手に、手首を掴まれた。

 ボーリング玉で打ち抜かれたような目鼻が陥没した屍体が、口を九十度に広げ「あふあふぅぅぅ」音を立てていた。
 笑っていることは間違いなかったという。
 矢住さんは叫びながら失神した。

 翌日枕を捨てて以来、その笑い声は聞いたことがないという。

The following two tabs change content below.

別府

管理人です。ビックリしたときのリアクションは子供みたいです。

最新記事 by 別府 (全て見る)