んひぃ

 犬の糞害に悩んでいた葉山さんは、決まって糞をされる、家のすぐ目の前の電柱に張り紙をした。
「農薬散布中! ワンちゃん近づけないで」
 それらしく見えるよう小麦粉を撒いた。

 翌朝、電柱の前には犬の死骸が二体横たわっていた。
 一匹はべろんと舌を伸ばしたパピヨンで、もう一匹は死んでからしばらくは経つようで、頬がでろでろに溶けており、きつい腐敗臭がした。
 どちらも自然死には見えず、当然葉山さんが毒薬を撒いたわけでもなく。
 犬の死骸の横には一枚の紙。
『ゴメンんなさい、もうオロかなワタシタチ、散歩 しな いワン』

The following two tabs change content below.

別府

管理人です。ビックリしたときのリアクションは子供みたいです。

最新記事 by 別府 (全て見る)