イヤホン越しに

 ポッドキャストを聴きながらの帰り道。
「最近、ダイエットがてら一駅歩いて帰っているんだよ。残業で夜遅くなった日も……」
 いつものルートを歩いていると公園にさしかかる。
 通り抜けようとすると自転車が落合さんを追い越していった。
 自転車を漕ぐ中年男性は酔っ払っているのか、歌を歌っているようだった。
 イヤホン越しにでも聞こえる。
「ポッドキャストの音声の隙間に入ってくるんだよ。女がすすり泣くような高い音音が。え、おっさんが? って思ってイヤホンを外したら……」
 無音だった。
 自転車に乗っている男性は歌ってなんていなかった。
 耳元で、囁かれたという。
<アイツ、シネバイイノニ>
 弾かれたように 落合さんはその場を逃げ出した。

 以来、落合さんはそのルートを歩くことを止めたという。
 また後に調べたが、その公園では殺人事件の類いは起きていなかった。
「だから思うに、生き霊かなぁって。おっさんが何をしたのか……まぁ恨まれることだろうけど。ただ思うよ、この歳なって。もし女に恨まれたとしても、果たしておっさんだけが悪いのかなってさ」

The following two tabs change content below.

別府

管理人です。ビックリしたときのリアクションは子供みたいです。

最新記事 by 別府 (全て見る)