舐めすぎじゃない?

 パァーン――鼓膜を殴りつけるような音に宮野は我に返ったそうだ。
 見回すと、自分が赤信号の青梅街道のド真ん中にいることを知った。
 訳がわからなかった。
 四車線の大道路。
 宮野が立つ車線の車は、なんとか急ブレーキをかけてくれた。
 運転手は窓から身を乗り出し、なにごとか怒鳴っていた。

 隣の車線を猛スピードで走る抜ける車の風が頬を叩いた。
 あのスピードの物体がぶつかれば骨もろとも木っ端微塵よ、そう後に宮野は語る。

 クラクションを鳴らされながら、宮野は平謝りしつつ青信号になるまで待ったそうだ。
「もし、慌てて渡ろうとしたら、きっと他の車から見えなくて轢かれると思ったから」
 どうして無意識に渡ろうとしたのだろう、呆然としながら道路を渡った。
 道路の対岸に辿り着くと、舌打ちが耳を衝いた。周囲には誰もいなかった。
 後日知ったことだが、宮野が青梅街道で佇んだその時間、重い病気を患っていた親友のA子ちゃんが息を引き取ったという。

 話を聞いた私はこう言った。
「それはA子ちゃんが轢かれるところを助けてくれたんじゃない?」
 宮野は「あんたは経験してないから」と首を振る。
 そして振り絞るように「それに」と呟いた。
「あんた、人間のこと舐めすぎじゃない?」

The following two tabs change content below.

別府

管理人です。ビックリしたときのリアクションは子供みたいです。