ヤバい

 連休を利用して恵子さんは実家に帰った。
 届いていた暑中見舞いの裏にはお手製クロスワードパズル。
 相手名は見たことも聞いたこともない男性の名前だった。
<二人が初めて見つめあった日は>
<キミを想っていつも出してます『○○○』>
<この日に結婚しよう○月○日>
<駅で話した男の名は?>
<手首を切るために使います。『○○ぎり』>
<貴女を信じています>
 などなど……。
 一文字ごとに憂鬱になるような質問が並んでいた。

 空欄『□』を埋めると繋がる文字は『八月に乗せてかえるね』だった。
 超ヤバイ。

The following two tabs change content below.

別府

管理人です。ビックリしたときのリアクションは子供みたいです。