年賀状にまじった手紙

 一月一日。
 父親から渡された束の年賀状。
 登山ショップからの年賀状もあった。
 去年から北野さんは登山という趣味に始めたからだ。
 ぺらぺらとめくると違和感を感じた。
 一通だけ差出人がおかしい。『●●山』とだけ書いてある。
『●●山』は北野さんが先月登った山だった。
 山腹で見つけた綺麗な石は今もサイドテーブルに飾ってある。
 裏返すと、目の潰れた猿が苦悶する表情の写真。汚い文字。
<やマでマってるね>

 その日北野さんは二月に予定していた登山旅行にキャンセルの連絡を入れたという。
 何が待っているか想像もつかない
 ただ体中の毛が逆立つほどぞっとする、禍々しい何かが山で待っていることは理解できた。
「たぶん原因は石なんだと思う……祠の中にあるやつだったから……」
 もし石を返しても許されなかったらどうしよう、と北野さんは不安を募らせている。

The following two tabs change content below.

別府

管理人です。ビックリしたときのリアクションは子供みたいです。

最新記事 by 別府 (全て見る)