やけに集まる電車ネタ

 山田さんが連日の激務をこなし、身も心も襤褸切れのように最寄り駅ホームに辿りついた晩。
 女が飛び込んだ。
 五分後には忘れるようなありふれた容姿だったと山田さんは語る。
 だが四散した女の肉体を見ると、皮を剥いたあけびのような肉体を見ていると、胸の底から愛情が湧き出たという。
「なんだかすごく愛おしくて。あぁこいつ俺の女だなぁって思った。その時に撮った写メは今でも大事にとってある」
 
 都内の駅には、一見では決してわからない魑魅魍魎がいる。
 深夜の満員電車は現代の百鬼夜行である。

The following two tabs change content below.

別府

管理人です。ビックリしたときのリアクションは子供みたいです。