蟹漁

 石川県出身の人間から聞いた話。
 能登半島の西の一部、蟹漁をする人間には「必要以上に取りすぎるな」という不文律がある。
「蟹がとられすぎると、今度は人がとられる」
 等価交換なのだという。
「一回見たんだわ。ばかみてぇに蟹とってた奴の息子が死んだんだわ。泳いでて。波に呑まれて。んでな、翌年の漁でとった蟹にさ、蟹の背中にさ、そいつの顔そっくりの模様がでてたんだわ」
 海のそばで生きてんだから、海に沿って生きなきゃいけねぇ。
 彼は何度も頷きながら仰った。

The following two tabs change content below.

別府

管理人です。ビックリしたときのリアクションは子供みたいです。

最新記事 by 別府 (全て見る)