電車の吊革に……

 今浪さんが電車のドアに寄りかかり読書に熱中していると、目の端に揺れるものがあった。
 ふと顔をあげると異様に揺れる吊革が目に入る。
 吊り輪のへりに、小さいピエロが座っていた。
 ブランコのように吊り輪に揺られていた。
 ピエロは死者を悼むような悲しい表情を浮かべていたという。
 直後、電車が急停車した。
 アナウンスからは人身事故を知らせるアナウンスが流れた。
 再び今浪さんは吊革を見たが、ピエロは消えていたそうだ。

The following two tabs change content below.

別府

管理人です。ビックリしたときのリアクションは子供みたいです。

最新記事 by 別府 (全て見る)